いつだってクライアントの声は、私の心を締め付ける…。

  • 更新 | 2020.07.13 公開

お客さんに怒られたり、理不尽な頼みごとをされる、そんな辛い時だってありますよね?
著者:ももてぃぶ(@momo_tive)

お客様から依頼を頂いてお仕事をする。

お金を稼ぐためには、必ず誰かしら相手が存在しているはずです。

BtoCであれば個人、BtoBであれば会社を相手にする。

お仕事をいただく関係で、個人・会社どちらであってもお客様となりますが、その関係の歪さをずっと感じていました。

もしかしたら営業さんは経験があるかもしれませんが、お客様にこんな言葉を言われたことがありませんか?

「そんな営業だったら、いらないよ」
「あなたほんと使えないね」
「担当変えてもらっていい?」

確かに、お客様の言われたことができなかったり、要望に応える努力を怠れば、厳しい言葉をいただくのは当然かもしれません。

しかし、上から目線で、ただ単に悪い王様のごとく、言葉を発している場合も多い。

そもそも「依頼をもらう」という行為の段階で、対等な関係が築けていないのではないかと、ずっと思っていました。

営業さんを例に出しましたが、依頼を受けている会社側の人たち、みんなが経験していること。

「自分たちは依頼をしている側だからさ。」
「お金を払っている立場だから当然だよね。」
「上場もしているし、おたくの会社を下請けとして使ってあげてるんだからさ。」

かなり悪い言い方にしてみましたが、依頼者側は少なからず、誰もがこのような気持ちを持ってしまうと思います。

だけど、本当に?それでいいの?

依頼側も受ける側も、お仕事なのに…。

仕事は「仕える事」や「事に仕える」とも言いますが、仕事とは相手のために動くこと。

お仕事をするという時点で、依頼側も受ける側も、お互いのために動くことが、本当の仕事になるはずです。

どちらか片方の力が強すぎるとバランスを失い、結果的に誰かにそのしわ寄せがくる。

しわ寄せを受ける側に該当してしまった人は、夜も仕事のせいで眠れなかったり、精神的にも追い詰められ、人間としての健全な生活も送れなくなってしまう。

だから、私はあまり請負の仕事は好きではありません。

今でも「お客様の言ったことは絶対」という風習が残って、ずっとそれを見てきましたし、体験もしています。

デザイナーさんやクリエイターさんだったら経験があると思いますが、目的を叶えるための方法が別にあるのに、効果が無いなのは分かっているけど、クライアントの言ったことをそのまま忠実に再現する。

ただの御用聞きになってしまうこと。

いつもクライアントの声は、私の心を締め付けてきます。

本当の仕事、お互い想い合える仕事をしていきたい。
著者:ももてぃぶ(@momo_tive

こちらの記事もオススメ